ホーム > 工房にて

工房にて

アイデアとヒントは日常の中に


くんぺるHP:http://www.kumpel.jp/

よくいろいろなアイデアが飛び出してくることがあります。
そういう時は、ほぼ何気なく暮らす日常の中から、ふと沸いて出てくることがあります。

その中で私はこれといったものを探りながら、
一番良い作り方で、適した材料を集め、試作品を日夜作っております。

アナログバンザイ!

産声をあげた【作品】は、
一人だけに贈るための作品として生き続けるか、
それとも多くの方々に愛され続ける製品として世に出るかに繋がっています。

そのツールとしてデジタルを使うことはあっても、デジタルに頼りきった姿勢はもっておりません。

アルファボックスでは、個々の製品のコンセプトやテーマ、ご利用目的に応じたデザインを心がけています。
その実現に沿った選びぬいた素材、仕上げの選定、パッケージの組立・完成と一貫した制作により、
ムダのない製造工程を実現しております。

ご注文から納品までの流れ(標準的な工程)

ご依頼の内容によりお見積もりを確認させて頂きます。

ここではアルファボックスの作品・製品完成・納品までをご紹介します。

お客様のご依頼・ご相談

まずはお問い合わせの際に、どのようなものを包装またはパッケージングするかを
お伝えください。その他納期やロット数、紙材のご相談も承ります。
(未定の場合は今までご利用になったものなどお見せください)
また包装する対象に込められた思いやお話もお聞かせください。
違った見せ方・魅せ方もご提案させていただきます。

製品のコンセプト仕様について打合せ・ご提案

包装する対象または予定のものなどを拝見させて頂きまして進めます。

設計・開発

プロトタイプと呼ばれる試作品を作成するにあたり、より細かな情報を頂きながら
進めます。そこから新たなアイデアやヒントが生まれることもあります。

試作品製作とご検討・ご要望の確認

設計段階で打合せさせていただき、試作品制作の着手となります。
試作品が出来上がった段階で、再度実際にご覧頂いて最終決定となる制作へと
移ります。
また、納期や今後のスケジュールの最終確認を併せてさせていただきます。

評価・完成後、ご確認

量産開始

シーズンものやキャンペーンでご利用になるパッケージの場合はお早めにご依頼いただくことを
お勧めいたします。(約6ヶ月前)

一通りの流れをご紹介しましたが、あくまでも例として挙げさせて頂いております。
ご予算やコンセプト、納期など一度ご相談ください。

α-BOXでは熟練のスタッフによる手作業で、パッケージを完成品の形で納入する事も出来ます。

作家紹介 松原 出

ギフトボックス

ページの先頭へ戻る

| ホーム | Alfaboxについて | 作家紹介 | 作品・製品紹介 | 手作りのこだわり | 工房にて | お問い合わせ |